徳島大学小児科学教室のホームページをご覧頂きありがとうございます。

私たちは、子どものことを一番に考え小児医療に尽くすこと- Children always first- をモットーとし、子どもに真摯に向き合う小児科医の育成に努めています。多種、多様な小児疾患や子どもの健全育成に対処するために、小児科の各種領域の専門グループ(小児の腎・自己免疫疾患、 循環器疾患、血液・悪性疾患、代謝・内分泌疾患、アレルギー疾患、神経疾患)、集産母子センター新生児集中治療室(NICU)、保健学科の先生方と調和的に融合して、“子どもの体全体を診る”診療に当たっています。さらに、地域の基幹病院やクリニックと連携をとりながら、良質な医療が提供できるように心がけ県下並びに四国の各地域の小児医療の充実に貢献しています。

小児医学・医療の発展に寄与することも私たちの大きな使命です。教室では、専門グループを核として基礎・臨床研究に取り組み国内外の優れた医療・研究施設とも積極的に交流(国内外留学)して、国際的評価の高い仕事を輩出しています。幅広い小児疾患の病態生理を統合的に理解する思考軸を作り上げ臨床的スキルを向上させるためにも若い時期の研究マインドの育成が重要で、研究者自身の好奇心、探究心を高めて行けるように支援しています。

少子化の今こそ、明日を担う子どもたちが健全に育まれる社会の実現が国家的責務となっています。新生児から若年成人までをカバーする小児・成育医療と小児科医の役割が重要視される所以です。子どもの多様性を尊重し、社会と調和のとれた育ちをサポートすることも小児科医の大切な仕事です。私たちの未来そのものである子どもを守る小児科は、
親子、家族の" 夢 "や" 希望 "に寄り添いながら診療する大変やりがいのある分野です。
意欲溢れる若手医師の皆様の小児科への参入を大歓迎致します。