神経グループ

神経グループはてんかん、自閉症、注意欠如多動症、学習障害、急性脳炎・脳症、ギラン・バレー症候群、筋ジストロフィーなど幅広い小児の神経・筋疾患の診断および治療を行っています。

神経グループの特徴

神経グループの取り組み

神経グループは種々の小児神経疾患の臨床的研究、特に神経放射線学的および神経生理学的手法を用いた病態解明および治療法の開発を進めてきました。

てんかん症候群の診断と治療

頭部MRI、CT画像やデジタル脳波計を用いて適切な診断および治療を行うことを心がけています。必要に応じて脳血流シンチやPET-CTなどの様々な方法を用いて発作の原因となっている部位をさらに調べることも行います。外科治療の必要な患者様には脳神経外科と連携して治療に当たります。

発達障害の診断と治療

自閉症や注意欠如多動障害、学習障害等の疑われる患者様については正確な診断を行ったうえで原因疾患の精査、療育指導、通所訓練施設の紹介など包括的な医療を提供できるように心がけております。

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」

脳性麻痺児の実態把握に関する疫学調査についてのお知らせ 

グループメンバー

  • 東田 好広

    助教 東田 好広

  • 森 達夫

    助教(外来医長)森 達夫

  • 郷司 彩

    地域小児科診療部 特任助教郷司 彩

  • 森 健治

    子と親のこころ診療室長・徳島大学保健学科教授森 健治

  • 宮崎 雅仁

    非常勤講師・臨床教授(小児科内科三好医院)宮崎 雅仁

  • 鳴門教育大学 心身医療・保健管理分野伊藤 弘道

診療グループ一覧